業務効率アップ!生産性向上!

情報や知識を共有し効率よく活用

JCCクラウド

建設業様に必要な情報を一元管理

JCCクラウド

お客様のニーズに合わせて機能を選択

JCCクラウドのご紹介


「 国内市場の減少、圧倒的な人手不足、社員の高齢化 」

  建設業界を取り巻く環境として、「国内市場の減少、圧倒的な人手不足、社員の高齢化」が業界内の課題となっております。今はオリンピック関連特需、東日本大震災後の公共工事と業界の景気は良い状況に見えますが、2020年以降同様の環境と考えるのは無策と言わざるを得ない。そうなると大手、準大手以外の中堅ゼネコン以下の会社は集約必死とみられ、何もしなければ生き残れない状況にあると言えるのではないでしょうか。

「 付加価値を生まない仕事、重複した仕事はIT化へ 」

  このような背景の中で、生き残るためには生産性の向上が必須であり、付加価値を生まない仕事、重複した仕事は極力コンピュータにやらせる事が必須となってきます。また、人材の不足についても、効率よく技術者を配置することで、納期の短縮、未来の工事へのシュミレーションが、次の工事の獲得へとつながることになるでしょう。

「 これからは早く安く運用することがポイント 」

  自社でシステムを開発する、または、パッケージソフトを購入して運用する、サーバを構築する、システムの運用、保守を行うなど、オンプレ型では、膨大なコストがかかります。また人手不足の中、システムを運用する要員(人員)が必要となります。これらの課題を可決するためには、WEB環境さえあれば利用料金のみで使いたいアプリを利用できます。

「 生産性改革プロジェクト20 」

  国交省の「生産性改革プロジェクト20」の具体化状況にもあるように、公共インフラの整備が急務となっております。2019年上半期位から公共インフラの工事案件計画が見えてくるでしょう。その時に準備を始めても遅く、今から準備をし、来年に備えることをJCCソフトはご提案します。

「 JCCクラウドならではのご提案 」

  JCCソフトは、技術集団として、大手ゼネコン~地場の建設会社に約40年にわたる開発実績があり、お客様の課題を誰よりも理解し、的確なソリューションを提供できます。また、いかなる課題にも対応しIoT、AIといった先端のテクノロジーを用いた圧倒的な差別化についても業界のエコシステムをベースにご提案できます。

こんなお悩みを解決するのがJCCクラウド


●類似工事の経験技術者のピックアップに手間がかかっていて工事条件による適切な工事の絞り込みがやりにくい
●応札済み技術者の把握に手間がかかり技術者の配置にも手間がかかっている
●入札や申請に必要な書類が溢れ、時間がかかりすぎて必要な書類が見つけられない
●入札業務が専門化してノウハウを継承しにくい
●技術者の資格管理や工事経歴をしっかり管理できてない
●同じような情報を部署ごとに管理しており一元化できてない
●業務が属人化し他の人ではわからない
●コリンズ情報が活用できていない
●応札作業がどこまで進んだか誰もわからない

建設業に役立つシステムソリューション


建設業が抱えている問題を専門的なシステムで解決、
必要なシステムを組み合わせることで
社員の負担を軽減し日常業務を快適に

導入企業


    

「CORINS」「コリンズ・テクリス」は、一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)の登録商標です。

お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ