トピックス

  1. HOME  > 
  2. トピックス
JCCクラウド通信 – 2019/3/20
2019/03/20

JCCクラウド通信 – 2019/3/20

国土交通省のi-Constructionについて 国土交通省では昨年末、平成30年度のi-Construction大賞を発表しました。i-Constructionとは建設現場を魅力ある現場に変えるために、ICTなど革新的技術の活用等により建設現場の生産性向上を図る国土交通省の施策です。平成29年度に発注された公共工事において、有効性、先進性、波及性の観点からi-Constructionの取り組みに係わる優れた元請けなど25の企業などが表彰されました。 今回2回目のi-Construction大賞の表彰ですが、UAV(無人航空機)による三次元測量データ、CIM(Construction Information Modeling / Management)による三次元設計・施工データ、これらの三次元データを活用したICT土工による自動施工などの取り組みが表彰されました。建築の空調工事では、BIM(Building Information Modeling)により、3次元施工図データを作成しVR(Virtual Reality)を使って、事前に詳細な施工手順を検討して施工の生産を上げた取り組みが表彰されました。 旧建設省において、1995年にCALS(公共事業支援統合情報システム)の研究会が設置され、建設CALS/ECアクションプログラムが展開されてきました。紙情報を電子化しネットワークを活用して各業務プロセスの改善を行うことで公共事業の生産性向上やコスト縮減等を目指した取り組みが進められてきました。その成果として電子入札や電子納品が日常的に実現しています。この建設CALS/ECの取り組みが現在のi-Constructionに発展していることになります。 i-Constructionでは、全ての建設生産プロセスでICTや三次元データ等を活用し2025年までに建設現場の生産性を20%向上させることを目標に掲げています。そして新3K(給与が良い、休暇がとれる、希望がもてる)の魅力ある建設現場の実現を目指しています。さらに、インフラ・データプラットフォームを構想しています。今年度より国土交通省が保有するデータと民間などのデータを連携して現実(フィジカル)での空間の事象をサイバー空間に再現し、そしてサイバー空間上でのシミュレーション結果をフィジカル空間に反映することで課題解決を図ることの試行が開始されます。 このような環境のもとで、建設企業の規模に関わらずCIM/BIMによる三次元データの取り扱いはもとより、ICT土工、ICT舗装工、ICT浚渫工、i-Bridge等々、ICT工種の拡大への取り組みが見られます。そして今後のインフラ・データプラットフォームへの対応については、電子入札、電子納品、三次元データ、ICT施工で取り扱うデータ管理を公共工事実績管理システム、土木工事実績管理システム、建物管理システム等と連動させて確実に管理すること等が必須となります。そして自社のデジタルデータを資産・資源として最大限利用するデジタル経営へ向けた取り組みが一層重要となります。 JCCクラウド トピックス Japan IT Week 【春】に出展 5月8日(水)から10日(金)東京ビッグサイトで開催されます「第10回 クラウドコンピューティングEXPO 【春】」に出展いたします。同展はクラウドコンピューティングに関するソリューションが一堂に集まる専門展として大変な注目を集めております。 弊社はこの展示会で、プラットフォーム(情報基盤)の重要性を取り上げ、システム毎に登録されてバラバラになりがちな情報(技術者や案件・工事など)を、情報基盤として一元化、システム連携により有効活用することで業務が各段に効率化されます。業務の流れに即したアプリケーションの利用方法をご紹介いたしますので、是非ご来場ください。 第10回 クラウドコンピューティングEXPO 【春】 【会 期】 2019年5月8日(水)~10日(金) 【会 場】 東京ビッグサイト青海展示棟(東京テレポート駅徒歩2分) 【小間No.】 青36-23 詳細はこちらから⇒ https://www.jcc-cloud.jp/2019/02/25/1051/ 要員配置システム (クラウド版3月1日リリース決定!) 「要員配置システム」のクラウド版が3月1日リリースになります。 プラットフォームと「営業情報管理」のデータと連携することで、技術者の効率的な配置、重要な工事への適任者の配置、要員の手持ち工事量に関する正確な情報の把握、未来の要員状況をシミュレーションすることで、新たな工事の獲得へ威力を発揮します。 皆様のニーズに応える製品であると自負しております。 「要員配置システム」をご活用いただき、貴社ビジネスの成長促進をさらに高めていきませんか。 【要員配置システムの主な機能】 工事やプロジェクト視点からの配置計画 人的資源からの配置計画 配置山積表 配置シミュレーション <要員配置システム> 深刻な人手不足が懸念される中、状況の変化に応じた最適な配置、未来への配置をシミュレーション 詳細はこちらから⇒ 要員配置システム アフターサービスシステム (キャンペーン実施中) 「アフターサービスシステム」のキャンペーンを実施しております。期間を延長し、3月末まで無料でお試し利用いただけます。お試し利用いただきましたお客様にはご意見を賜わり、利便性の高いツールとしてお使いいただくために、その声を製品に活かしたいと考えております。 「アフターサービスシステム」では定期点検、クレーム・トラブル、補修工事に関する情報を管理できます。建物の情報は「営業情報管理システム」「建物管理システム」で管理する情報とデータ連携します。 【アフターサービスシステムの主な機能】 構造物(建物)の情報の一元管理(営業情報管理システム、建物管理システムとデータ連携) 定期点検に関する情報管理 クレーム・トラブル情報管理 補修工事に関する各種情報の管理 キャンペーンにつきましては、クラウド通信担当へお問い合わせください。 <アフターサービスシステム> 顧客サポート力アップ!お客様と確かな絆 詳細はこちらから⇒ アフターサービスシステム

技術者の情報管理を一元化!
2019/03/07

技術者の情報管理を一元化!

社内の技術者情報の管理について 建設業において自社の技術者の資格情報(資格内容・登録番号・取得年月日/有効期限・資格免許書(画像ファイル)、工事履歴(工事名・発注者名・工事成績評定・工事期間、資格認定講習(CPD/CPDS)管理は、社員を管理する上でも非常に重要な位置づけと捉えている企業が多く、各社、表計算ソフト「Excel(エクセル)」や社内システムなど、なにかしらの対策をしている企業が近年多く感じる。 対策として特に多いのが、表計算ソフト「Excel(エクセル)」である。 多くの企業ではこの方法をとっているのが現状である。管理してないよりしているほうが断然いいのだが、各部署ごとに同じような内容を管理していることが多い。 一例をり上げてみるが 総務(人事部)では技術者の資格情報(資格内容・登録番号・取得年月日/有効期限・資格免許書(画像ファイル)を管理 工事部では、技術者の資格認定講習(CPD/CPDS)を管理 営業部では、営業(入札)に必要な技術者の資格情報(資格内容・登録番号・取得年月日/有効期限・資格免許書(画像ファイル)、工事履歴の情報を管理 こうみると技術者の情報としてすべて繋がっていることはお分かりいただけるのではないか? つまり、先ほども述べたように同じような内容を管理していることが多いということだ。部署ごとに同じような情報を管理することがはたして得策であると考えるか?どうだろうか?同じような情報であれば、一つの情報でまとめて管理したほうが断然、効率もあがり、情報の一元化になるはずである。3つの部署で3人で同じ情報を管理しているということは3人の人件費がかかっているということになる。これを一つの情報として管理すれば1人の人件費で済むことができるのだ。特に、建設業においての技術者の情報は、会社の重要な位置づけであるし、受注にも大きく影響してくるのではないかと思う。 先日、こんなニュースを目にした。 建設技術者の求人倍率が年平均で“6倍超え”「国内で最も人材を確保するのが困難に」 https://t.co/DV5trD9KHf pic.twitter.com/FVWdIbvWk2 — BUILT (@ITM_BUILT) 2019年2月27日 今はどの業態でも人手不足であり、建設業においては特に大きな問題としてとらえている企業が多い。各建設業者は、人手の確保に取り組んでいるがそれと同時に社内での業務効率化が求められている。 JCCクラウド-技術者情報管理システム そこでJCCクラウドでは業務効率化として社内のシステム化を推進しており「技術者情報管理システム」をおすすめしている。技術者情報管理システムは、各部門、支店に分散で管理されている技術者の情報を一元管理するもので、コリンズ登録情報のほか、資格証、応札状況、CPD講習状況など登録でき、必要な配置技術者の選定に際し、ミスのない適切な人選や入札書類の作成に効果を発揮します。クラウドで管理し、だれでも、いつでも、どこでも技術者の情報を閲覧することができます。 詳しくはこちら > >技術者情報管理システム< < 資格情報 建築・土木関係資格(国家資格)  一級建築士  ずい道等の掘削等作業主任者  建築物環境衛生管理技術者  ずい道等の覆工作業主任者  測量士/測量士補 測量士  はい作業主任者  建築設備士  コンクリート橋架設等作業主任者  給水装置工事主任技術者  コンクリート造の工作物の解体等作業主任者  二級建築士  ボーリングマシン運転者  建設機械施工技士 1級  不整地運搬車運転者 技能講習  木造建築士  不整地運搬車運転者 特別教育  浄化槽設備士  刈払機取扱作業者  建築施工管理技士 1級  型枠支保工の組立て等作業主任者  造園施工管理技士 1級  巻上げ機運転者  管工事施工管理技士 1級  建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者  土木施工管理技士 1級  採石のための掘削作業主任者  建設機械施工技士 2級  足場の組立て等作業主任者  建築施工管理技士 2級  車両系建設機械運転技能者  造園施工管理技士 2級  鋼橋架設等作業主任者  管工事施工管理技士 2級  高所作業車運転者 技能講習  土木施工管理技士 2級  高所作業車運転者 特別教育  測量士/測量士補 測量士補  ガス消費機器設置工事監督者  砂利採取業務主任者  石綿作業主任者  解体工事施工技士  酸素欠乏危険作業主任者 酸素欠乏・硫化水素(旧二種)  採石業務管理者  酸素欠乏危険作業主任者 酸素欠乏(旧一種) 建設業業種 建設業業種 一般土木建築工事業 板金工事業 はつり・解体工事業 電気通信工事業 土木工事業 建築金物工事業 その他の職別工事業 信号装置工事業 とび工事業 塗装工事業 一般土木建築工事業 電気配線工事業 土工・コンクリ工事 道路標示区画線工事 土木工事業 一般管工事業 特殊コンクリ工事業 床工事業 造園工事業 冷暖房設備工事業 鉄骨工事業 内装工事業 建築工事業 給排水・衛生工事業 鉄筋工事業 ガラス工事業 木造建築工事業 井戸ポンプ工事業 左官工事業 金属製建具工事業 舗装工事業 その他の管工事業 屋根工事業 木製建具工事業 しゅんせつ工事業 金属製屋根工事業 防水工事業 一般電気工事業

「CORINS」「コリンズ・テクリス」は、一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)の登録商標です。

お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ