トピックス

  1. HOME  > 
  2. トピックス  > 
  3. コラム
建設業のテレワークについて
2020/04/03

建設業のテレワークについて

建設業のテレワーク実施について 新型コロナウィルスの感染拡大影響を受け、建設業でもすでにテレワークの実施をしている企業があるようです。 前田建設工業 様 https://www.maeda.co.jp/news/blog_assets/attachments/883/20200401.pdf 東急建設 様 https://www.tokyu-cnst.co.jp/topics/1724.html 調べきれてはないが他の建設業者でも実施されている可能性があると思います。 テレワークにおいては、業種がらになかなか取り組むことが難しい建設業であるが、今後、さらに爆発的な感染の拡大が進むとどうなるわかりませんが、現場をかかえている建設業にとっては、さらに、頭を悩ますことになるだろうと思います。 企業としてはテレワークを開始せざろうえない状況になります。さらに、現場事務所内でクラスター感染が発生すれば、現場をストップせざろうえない状況にもなります。 現場事務所でも新型コロナウィルスの対応が必要があります。 事前準備・対策をすることはできる 企業では、非接触型体温計(赤外線体温計)や体温計により現場の入館管理を徹底している建設業者もあるようです。 しかし、体温計はもちろん、非接触型体温計(赤外線体温計)も現在、なかなか手に入らない状況になっているのでこれから対策をしようとしている企業は早め取り組んだほうがいいのではないでしょうか。 社内でも感染が広がれば確実に業務を停止しなくてはならないし、消毒などを行わなくてはならない。 テレワークの準備が進んでなければ、スムーズにいく場合もあるが、そうでないと関係部署は大変なことは目に見えており、そうなると企業の存続にも影響してくるはずです。 こんなときこそ「備えあれば憂いなし」です。 まとめ 建設業において「テレワーク」を実施することはなかなか厳しいと思うが、部署やバックオフィス業務の方でもテレワークを実施できる方もいると思うのでそこは検討してもいいのではないか。 また、現場に出ている社員においては、現場~自宅で作業ができる体制の構築も考える必要性があると思います。

建設業の新型コロナウィルス対策とは
2020/02/22

建設業の新型コロナウィルス対策とは

新型コロナウィルス対策しておりますか? 新型コロナウィルスが猛威をふるっており連日、テレビや新聞、ネットでも情報を目にする機会がとても増えてきております。 各企業におかれましても「会合の禁止」「大勢での接触禁止」「時間差での通勤」など徐々にではあるが対策がなされております。 さらに、建設業におきましても先日、「国土交通省」より国内感染拡大防止策として新型コロナウィルスの対応状況がなされております。 建設業関係団体、不動産業関係団体等に対し、大規模商業施設や住宅展示場等の不特定の人や職員が訪れる施設、営業所、事業所、工事現場、寮等における消毒液設置等の感染症予防対策の実施を徹底するよう要請 引用:国土交通省における新型コロナウイルス感染症への対応状況 2020年2月18日 時点   すでにインフルエンザ対策として受付等で手の消毒液等を準備されているが、今後はマスクの着用のお願いもでてくる企業があると考えられるのではないだろうか。 いずれにしろ、新型コロナウィルス対策は必須であると考えられ、各建設業様でも対策・取り組みが必要な時期にきてるといえるだろう。

いよいよ開催!にいがたBIZEXPO2019
2019/09/19

いよいよ開催!にいがたBIZEXPO2019

新潟で建設業システム開発ならJCCソフト いよいよですが、2019年9月26日 (木)・27日(金)に開催される年に一度のビックイベント ★新潟県内最大級の産業見本市「にいがたBIZEXPO2019」★に出展致します。 当日は、建設業クラウドサービスJCCクラウドの紹介はもちろん、JCCソフトの実績等も紹介させていただきたいと思います。 もし、下記のようなお悩みをお持ちでしたら必ずご満足いただける内容となっております。 【建設業様必見!】 類似工事の経験技術者のピックアップに手間がかかっていて工事条件による適切な工事の絞り込みがやりにくい 応札済み技術者の把握に手間がかかり技術者の配置にも手間がかかっている 入札や申請に必要な書類が溢れ、時間がかかりすぎて必要な書類が見つけられない 入札業務が専門化してノウハウを継承しにくい 技術者の資格管理や工事経歴をしっかり管理できてない 業務が属人化し他の人ではわからない コリンズ情報が活用できていない 応札作業がどこまで進んだか誰もわからない   下記へ詳細をご案内いたしますので、是非「にいがたBIZ EXPO2019」においでください。 【参加費無料・新潟開催】 新潟県内最大級の産業見本市「にいがたBIZ EXPO2019」 ~クラウドを活用した先端のテクノロジーを用いたエコシステム~ ▼ 詳細・お申込み ▼ https://www.jcc-cloud.jp/2019/08/07/1260/ Excelや色々なシステムで情報を部署ごとに二重管理しておりませんか? 今までのIT化では、業務毎に導入された異なるソフトウェアやEXCELを活用する事例が多く存在し、後々マスター情報(顧客、工事、技術者など)に対して、共通のメンテ作業が必要でした。同じメンテ作業を複数個所に対して行うことは非効率です。 同じ情報はプラットフォーム上で管理することにより動作する各アプリを共有・活用することで改善、各段に業務を効率化できます。 要員配置支援システムのご紹介 仕事には「人」が不可欠です。 昨今の人手不足のおり、社内の負荷を無視した無理な受注はしていないでしょうか? また大切な人財を適材適所で活かすための戦略的な受注活動はできているでしょうか? ムリ・ムダ・ムラの無い要員計画は、経営にとって最も重要な事項の一つではないでしょうか? そのためには現在進行中の案件はもちろん、営業中の案件を含めて確実な管理を行い、かつ社員の技術・得意技・経験を一元管理した上で誰がどの案件を対応中なのか、今後この案件を誰に任せるべきなのかを、全社で共有することが要員計画にとって重要なことと考えます。 適切かつ効率的に要員配置を実施するのが「要員配置支援システム」です。  当日来場いただければ、デモ画面を提示の上、お悩みを解決致します。 この展示会では、皆様に役立つ情報や弊社の技術を提供させていただければと思います。 にいがたBIZ EXPO2019においても「要員配置支援システム」をご紹介させて頂きます。 是非にいがたBIZ EXPO2019にお越しいただき弊社ブースにお立ち寄りください。 新潟県内の建設業様はもちろん、長野・富山・石川、山形、群馬の近県の建設業様のご来場をお待ちしています。 新潟県内最大級の産業見本市「にいがたBIZ EXPO2019」詳細 ■開催日時 2019年9月26日(木)・27日(金) 10:00 ~ 17:00 ■会場 新潟市産業振興センター 〒950-1141 新潟市中央区鐘木(しゅもく)185-10 ▼ 事前申込はこちら ▼ https://www.jcc-cloud.jp/nigata-biz2019-inquiry/

建設キャリアアップシステムとは?
2019/06/26

建設キャリアアップシステムとは?

 国土交通省の施策である建設キャリアアップシステムがこの2019年4月1日より本運用が開始されていますがご存じでしょうか。徐々にではありますが、浸透してくでしょう。建設業に従事されている企業様は気になる点ではあるかと思います。 建設キャリアップシステム(国土交通省)【PDF】 建設キャリアアップシステムについて 国土交通省の施策である建設キャリアアップシステムがこの2019年4月より本運用が開始されていますがご存じでしょうか。建設技能者にICカードを交付し建設現場の入場の際にICカードを読み取ることにより技能者の資格、現場での就業履歴、社会保険加入状況などを業界横断的に登録・蓄積する仕組みです。運用が進みますと技能者の能力評価(就業日数、保有資格、技能講習、職長経経験など)が可能となり、現場管理業務の効率化とともに技能者の処遇改善を図れる環境が整備されます。  建設キャリアアップシステムの運用は一般財団法人建設業振興基金が担当しています。利用手順としては、技能者はインターネット申請もしくは郵送・窓口申請によりICカードの取得を行います。申請においては本人情報、所属事業者名、職種、社会保険加入状況、保有資格などを登録します。事業者(元請、下請)は商号、所在地、建設業許可番号、業種などを登録します。そして元請事業者は建設現場名や工事内容、施工体制を登録し、カードリーダーを設置して技能者の入退場管理を行うことになります。  建設キャリアアップシステムにはAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)連携の機能があります。元請事業者はこのAPI連携により既存の入退場管理システムなどを利用して施工体制台帳、作業員名簿、作業日報など作成して現場管理業務の効率化を図ることができます。なお、API連携システムは建設業振興基金の認定を受ける必要があり、20社程度がAPI連携システムを提供予定とのことです。  技能者のICカード申請は3,000円前後の費用を要しますが現在、4万3千人程度の技能者がICカードを取得しているとのことです。事業者は資本金により定められている登録料に加えて管理者IDの使用料として年間に2,400円かかります。そしてICカードによる就業履歴の登録は1回3円となります。さらにカードリーダーやAPI連携システムの使用料が別途必要になりますが、建設現場における技能者の就業実績は出来高や原価管理、そして工程管理の基礎データとなりますので、建設キャリアアップシステムの導入を是非ご検討ください。 登録数はどのくらい? 2019年5月31日現在になりますが、 事業者ID数:13,255 技能者ID数:46,382   4月より増えております。今後さらにID数が増えていくと思われます。

2019年IT導入補助金情報
2019/04/03

2019年IT導入補助金情報

2019年IT導入補助金を活用! 2019年4月から社内のIT導入に向けてお考えの企業様に朗報です。 2019年度のIT導入補助金の情報が4月1日についに公開されました。2019年度で3回目(3年目)になる「中小企業生産性革命推進事業」としての枠として助成制度になります。 中小企業生産性革命推進事業としては、ものづくり補助金、IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金の3つあり、今回紹介しているのは「IT導入補助金」になります。 IT導入補助金とは? IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。 そして、注目はなんといっても昨年度より大幅な補助額です。 4月15日よりITベンダー(IT導入支援事業者)登録がはじまり、4月19日よりITツール(ソフトウエア、サービス等)の登録申請がはじまります。 2019年IT導入補助金額 2018年度 上限50万円 (1/2) 2019年度 上限450万円 (1/2) 昨年の9倍の補助額です! スケジュール 4月15日よりITベンダー(IT導入支援事業者)登録がはじまり、4月19日よりITツール(ソフトウエア、サービス等)の登録申請がはじまります。 交付申請期間:一次公募 2019年5月27日(月)開始予定 ※複数回の公募が実施される予定です。 徐々にはありますが情報が公開されていきます。 2019IT導入補助金説明会 2019年IT導入補助金についての説明会ですが、今後随時開催されるようです。詳しくは公式サイトで情報が公開されます。 弊社サービスJCCクラウド継続登録申請準備 JCCクラウドも昨年ITベンダー・サービス事業者(IT導入支援事業者)として登録を進めてまいりました。 今年度も登録の準備を進めていきたいと思います。登録完了まで少しお時間をいただきますが登録が完了しましたらまたお知らせさせていただきます。 2019年IT導入補助金の情報はこちら>>https://www.it-hojo.jp/

技術者の情報管理を一元化!
2019/03/07

技術者の情報管理を一元化!

社内の技術者情報の管理について 建設業において自社の技術者の資格情報(資格内容・登録番号・取得年月日/有効期限・資格免許書(画像ファイル)、工事履歴(工事名・発注者名・工事成績評定・工事期間、資格認定講習(CPD/CPDS)管理は、社員を管理する上でも非常に重要な位置づけと捉えている企業が多く、各社、表計算ソフト「Excel(エクセル)」や社内システムなど、なにかしらの対策をしている企業が近年多く感じる。 対策として特に多いのが、表計算ソフト「Excel(エクセル)」である。 多くの企業ではこの方法をとっているのが現状である。管理してないよりしているほうが断然いいのだが、各部署ごとに同じような内容を管理していることが多い。 一例をり上げてみるが 総務(人事部)では技術者の資格情報(資格内容・登録番号・取得年月日/有効期限・資格免許書(画像ファイル)を管理 工事部では、技術者の資格認定講習(CPD/CPDS)を管理 営業部では、営業(入札)に必要な技術者の資格情報(資格内容・登録番号・取得年月日/有効期限・資格免許書(画像ファイル)、工事履歴の情報を管理 こうみると技術者の情報としてすべて繋がっていることはお分かりいただけるのではないか? つまり、先ほども述べたように同じような内容を管理していることが多いということだ。部署ごとに同じような情報を管理することがはたして得策であると考えるか?どうだろうか?同じような情報であれば、一つの情報でまとめて管理したほうが断然、効率もあがり、情報の一元化になるはずである。3つの部署で3人で同じ情報を管理しているということは3人の人件費がかかっているということになる。これを一つの情報として管理すれば1人の人件費で済むことができるのだ。特に、建設業においての技術者の情報は、会社の重要な位置づけであるし、受注にも大きく影響してくるのではないかと思う。 先日、こんなニュースを目にした。 建設技術者の求人倍率が年平均で“6倍超え”「国内で最も人材を確保するのが困難に」 https://t.co/DV5trD9KHf pic.twitter.com/FVWdIbvWk2 — BUILT (@ITM_BUILT) 2019年2月27日 今はどの業態でも人手不足であり、建設業においては特に大きな問題としてとらえている企業が多い。各建設業者は、人手の確保に取り組んでいるがそれと同時に社内での業務効率化が求められている。 JCCクラウド-技術者情報管理システム そこでJCCクラウドでは業務効率化として社内のシステム化を推進しており「技術者情報管理システム」をおすすめしている。技術者情報管理システムは、各部門、支店に分散で管理されている技術者の情報を一元管理するもので、コリンズ登録情報のほか、資格証、応札状況、CPD講習状況など登録でき、必要な配置技術者の選定に際し、ミスのない適切な人選や入札書類の作成に効果を発揮します。クラウドで管理し、だれでも、いつでも、どこでも技術者の情報を閲覧することができます。 詳しくはこちら > >技術者情報管理システム< < 資格情報 建築・土木関係資格(国家資格)  一級建築士  ずい道等の掘削等作業主任者  建築物環境衛生管理技術者  ずい道等の覆工作業主任者  測量士/測量士補 測量士  はい作業主任者  建築設備士  コンクリート橋架設等作業主任者  給水装置工事主任技術者  コンクリート造の工作物の解体等作業主任者  二級建築士  ボーリングマシン運転者  建設機械施工技士 1級  不整地運搬車運転者 技能講習  木造建築士  不整地運搬車運転者 特別教育  浄化槽設備士  刈払機取扱作業者  建築施工管理技士 1級  型枠支保工の組立て等作業主任者  造園施工管理技士 1級  巻上げ機運転者  管工事施工管理技士 1級  建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者  土木施工管理技士 1級  採石のための掘削作業主任者  建設機械施工技士 2級  足場の組立て等作業主任者  建築施工管理技士 2級  車両系建設機械運転技能者  造園施工管理技士 2級  鋼橋架設等作業主任者  管工事施工管理技士 2級  高所作業車運転者 技能講習  土木施工管理技士 2級  高所作業車運転者 特別教育  測量士/測量士補 測量士補  ガス消費機器設置工事監督者  砂利採取業務主任者  石綿作業主任者  解体工事施工技士  酸素欠乏危険作業主任者 酸素欠乏・硫化水素(旧二種)  採石業務管理者  酸素欠乏危険作業主任者 酸素欠乏(旧一種) 建設業業種 建設業業種 一般土木建築工事業 板金工事業 はつり・解体工事業 電気通信工事業 土木工事業 建築金物工事業 その他の職別工事業 信号装置工事業 とび工事業 塗装工事業 一般土木建築工事業 電気配線工事業 土工・コンクリ工事 道路標示区画線工事 土木工事業 一般管工事業 特殊コンクリ工事業 床工事業 造園工事業 冷暖房設備工事業 鉄骨工事業 内装工事業 建築工事業 給排水・衛生工事業 鉄筋工事業 ガラス工事業 木造建築工事業 井戸ポンプ工事業 左官工事業 金属製建具工事業 舗装工事業 その他の管工事業 屋根工事業 木製建具工事業 しゅんせつ工事業 金属製屋根工事業 防水工事業 一般電気工事業

「CORINS」「コリンズ・テクリス」は、一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)の登録商標です。

お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ