トピックス

  1. HOME  > 
  2. トピックス  > 
  3. 開発事例
労災保険の一括管理「労災保険システム」開発事例
2020/04/22

労災保険の一括管理「労災保険システム」開発事例

建設業向けのシステム開発実績 建設業「労災保険の一括管理」システム化 改善を依頼された工程 工程:1  下請け業者の労災保険への加入 工程:2  下請け業者からの労災保険加入証明書の提示 工程:3  労災保険加入情報の登録 工程:4  労災保険加入情報の管理・更新 システム概要 下請け業者の労災保険加入情報を管理するシステム。 導入目的 労働者を雇っている事業主は法令によって定められている。しかし建設業では個人事業主である「一人親方」も多く、現場で働くにも関わらず労災保険に加入していないということが問題になっていた。そのため、元請けは下請けに対して労災保険加入証明書の提示を求めるようになった。 以上の背景から、本システムは下請け業者の労災保険加入情報を一括管理することを目的とした。 導入効果 本システムによって、下請け業者の労災保険加入情報が一括管理され、情報の確認や変更した際の修正が容易化した。

業績の見える化「業績管理システム」|開発事例
2020/04/16

業績の見える化「業績管理システム」|開発事例

建設業向けのシステム開発実績 建設業「業績の見える化」システム化 システム概要 当期業績推移グラフ 工事別推移グラフ 工事別総損益グラフ を描記することで、業績管理を支援するシステム 導入目的 建設業では一つの工事が完了するまで数年かかり年度をまたぐことが一般的です。 そこで、長期的な業績の管理を必要とし、加えて、途中で増える追加工事も加味しなければならない。 本システムでは、会社全体あるいは担当部長別の 当期業績推移グラフ 工事別推移グラフ 工事別総損益グラフ を描記することで、業績管理を支援することを目的とした。 導入効果 業績推移のグラフを容易に描記できるようになったことで、いつでも会社全体あるいは担当部長別の最新の業績を把握できるようになった。さらに業績推移と総損益を工事別でも確認できるようになった。以上のように業績が体系的に管理されたことで、本システムは業績の改善に寄与した。

日報の電子化「業務日報システム」|開発事例
2020/04/15

日報の電子化「業務日報システム」|開発事例

JCCソフトの建設業、開発実績の事例紹介の紹介を致します。 建設業「日報の電子化」システム化 改善を依頼された工程 工程:1 日報の記入 工程:2 日報の提出 工程:3 日報の確認・承認 工程:4 日報の集計 工程:5 日報の管理 システム概要 個々人がその日に行った業務内容と各業務内容への投入時間を現場から入力し、日報提出を行えるシステム。提出された日報の承認・集計・管理も可能である。 導入目的 建設業では従業員が現場での作業が多く、紙ベースでの日報報告は不便であり報告の遅滞も生じやすい。本システムは日報報告を迅速化し自動集計を行うことで、日報管理を効率化することを目的とした。 導入効果 現場からでも日報の入力・確認ができるようになったことで、いつでもどこでも最新の業務内容を確認することが可能になった。現場ごとの日報の集計がなされたことで、各現場の状況把握が容易になった。

「CORINS」「コリンズ・テクリス」は、一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)の登録商標です。

お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ