トピックス

  1. HOME  > 
  2. トピックス  > 
  3. 業績の見える化「業績管理システム」|建設業向けシステム開発実績

業績の見える化「業績管理システム」|開発事例


2020/04/16
 開発事例 

建設業向けのシステム開発実績

建設業「業績の見える化」システム化

システム概要

  • 当期業績推移グラフ
  • 工事別推移グラフ
  • 工事別総損益グラフ

を描記することで、業績管理を支援するシステム

導入目的

建設業では一つの工事が完了するまで数年かかり年度をまたぐことが一般的です。

そこで、長期的な業績の管理を必要とし、加えて、途中で増える追加工事も加味しなければならない。

本システムでは、会社全体あるいは担当部長別の

  • 当期業績推移グラフ
  • 工事別推移グラフ
  • 工事別総損益グラフ

を描記することで、業績管理を支援することを目的とした。

導入効果

業績推移のグラフを容易に描記できるようになったことで、いつでも会社全体あるいは担当部長別の最新の業績を把握できるようになった。さらに業績推移と総損益を工事別でも確認できるようになった。以上のように業績が体系的に管理されたことで、本システムは業績の改善に寄与した。

「CORINS」「コリンズ・テクリス」は、一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)の登録商標です。

お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ