トピックス

  1. HOME  > 
  2. トピックス  > 
  3. 建設業の【新しい生活様式|働き方の新しいスタイル】

建設業の【新しい生活様式|働き方の新しいスタイル】


2020/05/08
 コラム 

建設業の【新しい生活様式|働き方の新しいスタイル】

2020年5月4日に政府より発表された「新しい生活様式」について「働き方のスタイル」ということで企業においても今後、取り組みを検討する項目がいつくか挙げられております。

「働き方の新しいスタイル」

・テレワークやローテーション勤務

・時差通勤でゆったりと

・オフィスはひろびろと

・会議や名刺交換はオンラインで行う

・対面での打合せは換気とマスク

と記載されております。

さらに『長丁場に備え「新しい生活様式」に移行』とのことで今後は企業として「働き方の新しいスタイル」が徐々に増えてくるのではないでしょうか。

新しい生活様式と建設業

新型コロナウィルスの感染拡大の影響により発令された「緊急事態宣言」によりテレワーク実施の拡大が進みました。

特に感染が拡大している地域においては、工事の中止やテレワークの実施を余儀なく実施されている企業もあり、今後の新型コロナウィルスの感染拡大第2波、第3波が予想される中で事業継続(BCP)の対策として対策が必須になってきます。感染が拡大していないエリアにおいてもまだまだ注意が必要な時期であります。

さて、建設業のテレワークの実施についてですが

国交省がテレワーク人口実態調査の結果を公表、建設業は業種別で5番目の導入率

こちらの記事にも紹介されておりますが、建設業は業種別で5番目の導入率のようです。

各社の対応状況を見るとやはり、首都圏内の企業での導入が進んでいるようです。

地方においては比率は低くまだまだという状況のようです。

建設業で対応するのは厳しい!?!

建設業の業務で考えると、やはり、現場がありますので、なかなか対応することは難しいと思います。

しかし、内勤者(営業・事務)であれば対応できることがいくつかあるのではないでしょうか。

新型コロナ感染拡大に伴うテレワークの関連記事

建設業のテレワーク実施!どうする?新型コロナ対策|JCCクラウド

建設業の新型コロナウイルス問題とテレワーク|JCCクラウド

社内で検討することは急務になりますのでこの記事をご覧いただいた方は社内で起案することをおすすめします。

下記の資料も用意されておりますので活用ください。

テレワークではじめる働き方改革|テレワークの導入・運用ガイドブック(厚生労働省)PDF

今後は、業種ごとに感染拡大予防ガイドラインに関する留意点も提示とあるように建設業においてもガイドラインが策定されるはずですのですので注視していく必要がありそうです。

「CORINS」「コリンズ・テクリス」は、一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)の登録商標です。

お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ