トピックス

  1. HOME  > 
  2. トピックス  > 
  3. 建設業「ICT活用とクラウド利用による働き方改革」

JCCクラウド通信 – 2020/5/22


2020/05/22
 JCCクラウド通信 

JCCクラウド通信 – 2020/5/22

いつも「JCCクラウド通信」をご覧いただきありがとうございます。

今月号もどうぞよろしくお願いいたします。

ICT活用とクラウド利用による働き方改革

新型コロナウィルス問題ですが政府の発令した緊急事態宣言が5都道県を残して解除され、日常の生活に戻りつつありますが正常な社会に戻ってくるまで、まだまだ時間がかかるのではないでしょうか。

新型コロナウイルスの影響でこれから社会のルールや構造も大きく変わっていき働き方が変わることにより今後、時間差出勤やテレワークがさらに定着されていくことでしょう。

その影響は一過性の現象ではなく、社会全体の価値観や仕組みの変化をもたらし広範な影響を及ぼすとの認識が形成されつつあります。

働き方改革を進め、通常勤務とテレワーク勤務を提供できる会社が、就業者にとって魅力ある会社として生き残れる社会になっていくかもしれません。

また今回のような大規模災害に日頃から備えておくことも大切です。さらにはテレワークが働き方改革を進めるツールの一つとしての認識も広がりつつあります。

今こそ、クラウドと社内のIT化で働き方を変えるチャンスかもしれません。

そこで、今回、「ICT活用とクラウド利用による働き方改革」の資料を無料配布いたします。

限定公開日:2020年6月30日(火)まで

ご入力いただいたメールアドレス宛にダウンロードURLをお送りいたします。

少し内容を紹介しますと・・・

2018年3月に国土交通省が推奨した「建設業働き方改革加速化プログラム」にいち早く取り組んだ企業様は、テレワーク(情報通信技術(ICT)を利用した場所・時間にとらわれない働き方)にスムーズに移行し自宅待機等の影響を最小限にしたと聞いています。

また2004年3月に国土交通省から推奨された「テレワークのすすめ」も、働き方改革を推進するひとつの方法として社会的に認知され、本格的に取り組み企業様が増えています。

働き方改革を進め、通常勤務とテレワーク勤務を提供できる会社が、就業者にとって魅力ある会社として生き残れる社会になっていくかもしれません。

但し、働き方改革の推進もテレワークも、ICT活用がカギです。

ICT活用なく働き方改革もテレワークも実現できないと言っても過言ではありません。

さらに現在のICTはクラウド利用が主流となりつつあります。自社にあったICTを作るのではなく利用することが現在のトレンドです。

今こそ、ICT活用とクラウド利用で働き方を変えるチャンスかもしれません。

限定公開日:2020年6月30日(火)まで

「CORINS」「コリンズ・テクリス」は、一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)の登録商標です。

お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ